FC2ブログ

冬コミ用新作紹介(1)


コミックマーケット85参加スペースは
12/31火曜日「東R-40a IORI工房」です。



 というわけで遅くなりましたが冬コミ用の新作がやっと1つ出来ましたのでお知らせします。



フホハ7835(1/150ペーパーキット)
DSCN8765.jpg DSCN8593.jpg

 さてこのフホハ7835ですが、形態としては車体中央に手洗いを備えた、典型的な3等ボギー客車ながら色々と不明点の多い車両でして…
 一応わかる範囲で書きますとたぶん明治1~30年代(まず製造年代が不明)にフホハ7830のマイナーチェンジ版として日本鉄道で作られた客車で、同型車は23両ほどいたようです(フホハ7830との違いは油灯の数)。
どうも使い勝手が悪かったらしく、明治45年には2両が改造されて車掌室を追加され、(外観的には中央寄りのドアを廃し、車端にドアを1枚追加)コハフ7855と改番(フホハ7855→コハフ7855?)されて大正の終わりには形式消滅してるようですね…
(先の改造がたくさんあるうちの2両なのか、残った最後の2両だったのかは不明)

…こう書くと(模型的に)すさまじく使い勝手が悪いですね…w見てくれだけで模型化対象を選ぶとえらいことになりますね。
ま、まぁ形式違いの似たような車両はわんさといたのであまり細かいことを気にせず遊べばいいんじゃないかな…(汗


さて気を取り直して模型の紹介です。

全体としては先も書いたように、中央に手洗いを備えた端正な姿が魅力です。
あと、久々のボギー客車ですので、前作(コハ6500)でネックだった部分を大幅に改良しました。

改良点その1
DSCN8703.jpg
精密だが非常に華奢で壊れやすかった台車をそれなりに強化し、床下のトラス棒も太くしてます。

その2
DSCN8707.jpg
前作では連結器の取り付けが「各自創意工夫」状態だったのを改良。カプラー座とねじ穴を追加し、マグネ・マティック カプラーNo.2001(短)のポン付けが可能に。ねじはカプラー付属のものがそのまま使えるようにしました。

その3
DSCN8708.jpg
前作だと床板の組み立てがわかりづらかったので今回はダボというか、切欠きを設けて組み間違いの防止を図ってます。

その4
DSCN8708.jpg
前作と同様、台車の中心ピンはKATOを使います。あと、、簡単に床下の梁も再現。少ない資料から推定した結果こうなりましたが正解は果たして…?

その5
DSCN8680.jpg
以前より「3等の赤帯塗り分けるのめんどい」という声がちらほらあったので、今回試験的に赤帯もデカールに入れてみました。

…といった部分が主なところです。多分だいぶ組み立てやすくなってるはず…

ちなみに遊びかたですが、実物は
「機関車+2軸車+ボギー車+ボギー車+ボギー車+ボギー車+2軸車+2軸車」みたいな編成が多かったようなので
例えば模型で再現するとしたら
DSCN8756.jpg
「B6+ニ4044+フホハ7835+フホハ7835+フホハ7835+コハ6500+ハ1005+ハフ2997」
みたいな感じにつなげるとそれっぽいんじゃないかな…

頒布価格は1500円(車輪、カプラー別)、多分10両くらい持っていきます。
よろしくお願いします。




テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

鹿島参宮鉄道ハ5&ハ23 完成見本

やっと出来ましたw 
画像 044


頒布開始が今年の4月ですのでもう半年以上経ってるんですね…
さて、改めてまずはハ5のご紹介です。
画像 032

 ハ5は鹿島参宮鉄道龍ヶ崎線で活躍した、客車で、1899年に天野工場で作られたようです。
元々は高野登山鉄道の「いろ4」という車両だったらしく、そういえば窓の割付に合造車時代の面影が残っていますね

続いてハ23です。
画像 034
この車両も鹿島参宮鉄道の客車ですが、ハ5とは違い、鉾田線で
使用されていました。昭和4年製造とされていますが、昭和の時代にこんな古風な客車を作るはずがなく、
その来歴には色々と謎があるようで…




 さてこの2両は使われている線が違ったため、おそらく手を繋ぐことはなかったと思います。
画像 039
が、
しかしそこは模型、ここはあまり実物に囚われることなく、2両仲良く好きな機関車に繋いで遊ぶのがよろしいかと思います。

 車体はいつもどおりのレーザーカット済ペーパーキット、下回り込み(車輪、カプラー、カプラーポケット別)で1両1000円で頒布してます。


ハ5頒布ページ

ハ23頒布ページ


改めましてどうぞよろしくお願いします。

新車(?)続々投入

7月1日に都産貿で開催予定の「第18回JNMAフェスティバル」に参加します!!
スペースは「E-6 IORI工房」です!


・・・うちの場合、「新作の車両」を「新車」と言うとなんか違和感ありますねw
今回は3台と下回りです。

ハフ13

ハフ14

明治村の客車ことハフ13・ハフ14です。
ダブルルーフの先端が緩やかに落ちる形状だったため、今までレーザーカットで製作できなかったのですが、
アクリルをモデリングマシンで削り出す事で実現できました。
キットには、これを複製したレジンパーツが付いてきます。


ハブ3

そして、加悦鉄道の客車ことハブ3です。
上2つもそうですが、デッキ付きになるととたんに設計難易度上がりますね・・・結構苦労して生まれた車両です。
キットの方も少々製作難度が高くなってると思います。
でもデッキつきはカッコイイよね。

そして2軸車用下回りです
下回り連結器なし
ブレーキロッドの再現、車輪・連結器が交換可能などこだわりある作りにしてみました。
出来る限り汎用にするつもりでしたが、車長の違いなどもあり、結局7形式になってしまいました・・・w

台車は車両と別売りです。
製作の都合上、頒布価格が車両と同じ500円とちょと割高感なのが玉に瑕。
恐らく、当日頒布予定の上回りと同数揃えられるかも怪しいので、無理に買わないで河合商会さんの下回り使っても・・・ごにょごにょ

ちょこっと製作報告

まだ詳しいことは公式発表待ちですが、JNMAに参加できるようです。

頒布作品は冬コミで出した既作のほかに以下のものを予定しています

ニ軸客車用の下回り
T型クラシックカー
1/150瓦屋根
加悦鉄道、明治村の客車
ナハ22000系郵便車等
90式24cm列車砲

ちなみに予定作品のうちT型クラシックカーは既にHPの方で公開してたりします。
T型車

そして本日、明治村の客車(ハフ11)と二軸客車用下回りの試作が完成しました!
ハフ11

ハフ11は現存してることもあって割りと有名ですかね?
下回りのほうは、流石にいつまでも自サークルで完結できない模型ばっかりなのはどうかという事で作ってみました。
既作にもほぼ汎用で使用できるように考えています。(一部明らかに無理なのもありますが・・・w)
どちらももう少し調整したら量産してみようかと思います。

またもや、やばいのです

次回参加イベント「第九回博麗神社例大祭」のスペースは「ね‐15b IORI工房」です
よろしくお願いします!


旅行から帰って以来全然更新しないまま1週間前になりましたが
一応、製作は進んでます

それがこれ、「1/150多々良小傘」!
N小傘

・・・他に予定している2つはまだ出来てないし、複製のめども立ってないんですけどねー・・・
今回もギリギリですががんばります。

プロフィール

IORIの皮をかぶった何か

Author:IORIの皮をかぶった何か
ここがどんな所かはとりあえず下のカテゴリの「はじめに」を読んで下さい。
大体の記事はIORIの皮をかぶった何かが書いてますが偶に本物がまぎれてます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク