FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザーカット依頼のガイドライン

レーザーカット依頼のガイドラインが変わりましたので改めて掲載させていただきます

STEP.1 依頼の前に行うこと
その1【使用できる紙の種類を確認する】
当工房で主に扱ってる紙は以下の4種です
・アートポスト紙(表面コートあり) 厚さ0.2ミリ
・ケント紙(表面コートなし)    厚さ0.25ミリ
・スノーマット紙(表面コートあり) 厚さ0.5ミリ
・モデリングボード紙(表面コートあり)厚さ1.0ミリ
それ以外の厚さ、紙をご希望の際は別途お相談ください

その2【カットデータを作成する】
CADソフトにてデータを作成してください。
最終的に.dxfファイルに保存出来るならばソフトは自由です。
(エクスポートモードや書き出しがある場合は
 DXFファイルにエクスポートをすることお勧めします。)

以下の色分けで指示してください。
・切断線は赤線
・筋彫り線は青線
・面で掘り下げたい場合は黒線(仕上がり面は若干荒れます)

部品は外周全部を切り離さない(赤線で全周を繋げない)で下さい。
要所に0.5~1mmほどの切欠きを設ける事でランナーとなり、パーツがバラバラになりません。

折り曲げ部品などで、「紙の目」を指定したい場合はその旨作成データ内に書き込んでください。

原稿サイズはA4サイズを基本としますが、収まらない場合はB4も可能です。


その3【データ入稿形式を確認して保存する】
データ入稿は.dxfファイルでお願いします。
AR_CADを使用している場合は.sgdファイルでも構いません

STEP.2 依頼と相談
その1【まずはご連絡ください】
カット依頼の窓口は特に専門のフォームを用意していませんので
HPの「問い合わせ」にあるメールフォーム又は
ツイッターのIORIのアカウントにDMしてください。

その2【気軽にご相談ください】
初めの依頼から完璧なデータを作成して入稿することはまずできません。ご安心ください。
STEP.1の段階で分からない部分や決める事が出来ない部分がありましたら遠慮なくご質問してください。
データ修正は自力で修正する限り、こちらから追加で料金をいただくことはありません
どんどんご相談ください。


STEP.3 入稿と校正
その1【入稿方法は都度指定します】
入稿できる段階に入りましたらこちらから入稿先をお伝えします。

その2【入稿後のやりとり】
データを入稿して頂いてから、メールなどで、以下のような連絡をさせていただきます。
その際、内容によっては追加で料金が発生することがあります

・データ校正
線色の指示の訂正や、パーツの再配置など内容により様々ですが、
納得いただけるデータになるまでやりとりさせて頂きます。
追加料金は、校正回数や仕事量で変化しますのでその都度ご連絡いたします。
・紙の種類の再確認
指定いただいた紙の種類によっては出力を調整しても焼き切れてしまうなど、問題が発生する場合があります。
内容によっては、紙の種類変更による料金の変化やデータ校正が必要になるので、その場合ご連絡いたします。

その3【料金と納期の決定】
ここまでのやりとりで決まった料金と納期をお伝えし、了解いただけましたらこちらでの作業に移ります。
料金と納期の目安は以下の通りになります。

・ケース1:20m級車両、ボディのみ、データ校正なし
1両のみで3000~4000円、複数ご依頼いただければその分だけ安くなっていきます。
納期は早くて2週間、都合によりもう少しお時間頂くことになると思います。

・ケース2:20m級車両、ボディのみ、データ校正が必要
データ校正の追加料金は多少の不備の修正程度であれば1回1000円程度ですが、一部図面の引き直しほどになると最低でも3000円程度は頂きます。
合計すると一両5000円以上、納期も入稿後から5~6回やりとりが必要になるので2カ月以上はかかります。

以上それぞれ極端な例になりますが、
基本的に「データを受け取ってカットするだけならだいぶ安めに」
「修正などサポートを行う程高い」とお考えいただければ問題ないです。
納期については作業時間の関係上あまり速くはできません。


STEP.4 入金と発送
その1【お支払方法について】
銀行振り込みにてお願いします。口座は入稿後のやりとりにて指定させて頂きます。

その8【ご依頼品の発送について】
入金確認を行ってからの発送になります。


いろいろ書いてみましたが、「とりあえず連絡してください。必要に応じて時間もお金もかかりますが、その都度連絡します」という方針でやっていく感じだとお考えください。

よろしくおねがいします。
スポンサーサイト

サークルについて

・サークルについて
当サークル【IORI工房】は、
・上海アリス幻楽団様の「東方Project」の二次創作
・明治、大正時代を中心とした旧型客車のNゲージキット制作
・列車砲、装甲列車など軍事鉄道物の模型製作
を主に行っています。

そのほかダーツフライトやグラスアート、自作判子など、持っている技術的に自作できそうなものはとにかく節操なくチャレンジしていくサークルです。

鉄道模型の方は鉄道模型市、国際鉄道模型コンベンション、JNMAなど
東方Projectの方は東方例大祭・秋例大祭など
そのほか夏冬のコミケなどでサークル活動しています。実は結構多いぞ。

公式ホームページにて通販しています。、
また、秋葉原レンタルボックス「ザウルス」様のスペースにちょっとだけ委託物おかして頂いてます(B-12)

ニコニコ動画に投稿なんかもしてました(過去形)、今後はどうするかなぁ・・・
絵とか漫画なんかも描くようになったので、そっちもよろしくお願いします。


・サークルの作品について
当サークルの作品の無断転載はお断りします。
商業利用やなりすましでなければ基本的に許可いたしますので、転載を希望する場合は一度ご連絡ください.


・ブログについて
当ブログは「サークルIORI工房」の裏ブログです。
活動について最新の報告は出来る限りここで行いますが妄言やその場の勢い発言も相次ぎますので、基本的に公式Twitterや公式FaceBookの情報を確認してください。
また、当ブログはリンクフリーです。リンク後に一言いただければ幸いです。


・メンバー
【代表】 IORI (Twitter)
模型製作のほとんどを手掛けています。
大学祭のお遊びでやったネタを勝手にうpられ、勝手に話題にされ、なぜかサークルまでやるようになった流され系職人。
最近は自作の木造客車キットが地味に評価されて小躍りで喜んでます。
最終的な野望は「企業に木造客車のNゲージ(及びそれ用の機関車)を作らせる」ことらしいです。

【副代表】seigorou (Twitter)
サークル立ち上げを唆した関係で副代表を名乗ってるものの、作ってる頒布作品は何もありません。
このBlogでIORIに成りすましてる人。
紹介動画を作ったり広報活動をしていたものの、最近それもKIM2に任せてるため、最近は計画性とか決断力とかが欠如してる制作者共のケツを蹴り飛ばしてものつくりをさせるのが主なお仕事。

KIM2 (Twitter)
列車砲など重量感のある作品を作ります。ぶっちゃけ鉄道より戦車のが好き。
レーザーカット技師であり、公式HPの管理もするなど現在IORIと並んでこのサークルの重要人物です。

ペン太(Twitter)
自動車や電車など当サークル内では新しい方(が、現代的には化石的なもの)を作ります。
生粋の人見知りのためいきなり話しかけると死にます。慎重に話しかけても緊張のあまり死にます。

ZeBon (Twitter)
宣伝したり連絡役だったり。あとパシr・・・
公式Twitter公式FaceBookの中の人やってます。
ZBSワロス鉄道」というサークルの主催もやっています。


プロフィール

IORIの皮をかぶった何か

Author:IORIの皮をかぶった何か
ここがどんな所かはとりあえず下のカテゴリの「はじめに」を読んで下さい。
大体の記事はIORIの皮をかぶった何かが書いてますが偶に本物がまぎれてます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。